主導権を握れる案件かどうか

最近、このことについて特に意識しています。

というのも、お客さんのわがままに振り回されまくり、ヘトヘトになってしまっていたからです。

紹介案件などは間に他人が入ってしまうので、なかなか主導権を握れません。特に、スケジュールを自分から能動的に管理できないケースは本当にしんどいです。

前に勤めていた行政書士事務所の所長、とっても横柄な感じでした。
でも、今は良くわかります。その横柄な態度は、意図して作っていたものだったのです。

微妙なさじ加減だと思うのですが、少し横柄な態度を取ることで、一気に主導権を握ってしまっていたのではないかと思います。

確かに、お客さんの要望に応えることは大切です。僕も、最大限応えようと日々努力しています。

しかし、それが度を過ぎてしまうと、言葉は悪いのですが「お客さんを甘やかす」ことになってしまうのです。

甘やかされたお客さんは、「こういうことを要求しても田舎行政書士さんの許容範囲なんだ!」「ここまでルーズでも大丈夫なんだ!」と成功体験をしてしまい、それがどんどんエスカレートし、モンスタークライアントになってしまう。

まあちょっとオーバーかもしれませんが。。。

今後は極力、自分が主導権を握ることのできない案件・外的要因の多い案件は遠慮したいと思いました。

人の都合に左右されて右往左往する自分。もうイヤです。

スポンサーリンク