相続人の全員が相続放棄した場合、不動産は国庫に帰属するのか?固定資産税は免除されるのか?

(写真はイメージです。こんなにひどい感じではないのですが・・・。)

私は相続業務を積極的に取り扱っていないので、多くても年に1,2件くらいしか依頼がきません。そんな中、ちょっと困った案件があったので、調べたことをまとめておきたいと思います。

まあよくあるケースなんでしょうけど、相続人は高齢のため、不動産を相続しても管理が難しく、どうしたらよいか、というものです。私がこのような案件のご相談を受けたのは今回が初めてでした。

※守秘義務に反しないように、内容は改変してあります。

それでは、まとめていきましょう。

スポンサーリンク

案件の概要

  • 被相続人Aさん
  • Aさんに妻と子供はいらっしゃらない
  • Aさんの両親もすでに他界
  • Aさんには弟のBさんと妹のCさんがいらっしゃり、高齢ですがご健在です
  • 相続財産は自宅の土地(林の中)と建物(築うん十年)、預貯金若干
  • 今回、Bさんの息子のDさんからご相談いただきました

相続人は兄弟のBさんとCさんの2名ですね。

資産価値のある不動産ならよいのですが、山間地帯の林の中。固定資産税は安いものの、買い手も見込まれず、今後の管理をどうすればよいかと悩んでいらっしゃるという状況です。

相続人の全員が相続放棄の意向

前述のように、相続人はご高齢です。不動産は林の中の土地と老朽化した居宅1棟。不動産を相続したとしても現実的には管理は難しいです。

そこで、相続人2人は「不動産なんていらない!相続放棄して不動産を国に返納したい」とおっしゃっています。

果たして、そんなことは可能なのでしょうか。

こんな話を聞いたことはあるものの、これまで自分できちんと調べたことがありませんでした。もちろん、いい加減な回答はできませんので、法律だけでなく実態なども含めて、徹底的に調べてみることにしました。

ちなみに、相続放棄をした場合は代襲相続は発生しませんね。

相続放棄しても不動産の管理義務あり

相続放棄すればもう関係ない、というイメージかもしれませんが、実際には相続放棄しても次の所有者が決まるまでは不動産の管理責任が残ります。

固定資産税は台帳主義

国庫に帰属は可能なのか

スポンサーリンク