「できません」で終わらせない

今日、既存のお客さんからある業務について「田舎さん、できる?」との問い合わせのお電話をいただきました。

その業務の内容については触れませんが、行政書士とは関連があるものの、行政書士業務ではありませんでした。

僕には経験もノウハウもなく、「残念ながらできません」と答えるしかありませんでした。

でも仮に、自分にはできずに断るとしても「その分野の専門家」を紹介することができたら、ネガティブな結論にはならなかったと思います。

やはり、士業は人脈が全てだなと思いました。どれくらいの引き出しを持っているか、それが付加価値となります。他を圧倒する人脈を持つことができれば、それだけでも行政書士事務所として十分に差別化できるのではないかと思います。

行政書士という資格の性質上、行政書士だけで完遂できない業務は多いです。逆に言えば、行政書士は「コーディネーター」としての役割を果たすことができるのです。

そういえば、最近は人に会うのが億劫になってしまっていました。もっともっと、たくさんの人に会わなければ!そう痛感した1日でした。

スポンサーリンク