合同会社を選ぶメリットとデメリット

余談ですが、合同会社を選択するメリットとデメリットについても書いておきたいと思います。

教科書的なメリット・デメリットについては色々な本に書いてありますが、ここでは、僕が実際に合同会社設立業務を請け負う中で、お客さんとの会話の中で出てきたことについて、実務的な観点から記します。

合同会社のメリット

  1. 設立時の実費(登記の税金、役所手数料)が安い
    株式の場合は実費が約20万円、合同の場合は6万円です。
  2. 通称LLCと呼ばれ、新しい雰囲気がある
    ちなみに、外資系などでは大きな会社でも事例があります。
    事例)ユニバーサルミュージック合同会社、合同会社 西友、フジテレビラボLLC合同会社、IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社

最近は少ない資金で会社を立ち上げる方が多いので、手続実費が10万以上も違うというのは大きいです。

また、居宅介護支援事業所など、自治体から指定を受ける条件として法人であることが求められるケースで合同会社が選ばれることが多いです。「とりあえず法人であれば良い、であれば、実費の安い合同会社で十分」ということになります。介護系の事業所の場合は、社名よりも事業所名(◯◯ケアプランセンター)が全面にでるので、合同会社制度の知名度の低さがあまり問題にならないというのもあります。

その他、運営面で株式会社よりも自由、シンプルに運営できるなどとも言われていますが、株式会社でも1人・2人で運営するくらいであればさほどの差はないと思います。

合同会社のデメリット

  1. 知名度が低い
    取引上不利にならないかどうかの検討が必要です。大切なポイントです。
  2. 代表者の肩書に「取締役」を使えない
    取締役は株式会社における概念です。合同会社の代表者は「代表社員」が正式な肩書です。一般的な意味での「社員」の代表、みたいに勘違いされる可能性があります。名刺には単に「代表」などと記載される方もいらっしゃいます。

何と言っても、新しい雰囲気と知名度の低さという表裏のイメージが同影響するか、それに尽きると思います。

とは言え、法務省の統計を見てみると、ここ数年で合同会社の設立数はかなり増えていますので、知名度の低さはゆっくりと改善されていくと思われます。

  • (公開日:

スポンサーリンク

このページの先頭へ