SEO(検索エンジン対策)

SEOについて、僕が学んだことを書いていきます。
私見も含まれますので、その点ご承知おきください。

SEOについては、もうすっかりお馴染みになった感がありますね。
特に、行政書士の方は、「食えない食えない」と言われていることから、
ネット営業に熱心でいらっしゃる方が多いように感じられます。

SEOに詳しい行政書士の方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
僕自身もご多分に洩れず、SEOについては相当のめり込みました。

そして、「怪しいノウハウ」がたくさんあることも知りました。

そして、意外と後になって気づいたのが、「SEOに絶対は無い」、ということです。
だって、GoogleやYahoo!の内部のことなんて分からないじゃないですか!

色々とテストした結果を踏まえて、

「こうやったらうまくいったケースがあった」
という傾向を元に策を施したり、

「検索エンジンはこういうやり方を高評価するのではないか」、
ということを推測して、対策を行うのです。

ですので、「絶対上位表示できます」ということは言えない、と思います。

そして、検索エンジンとしては「より良いサイトを上位に表示させたい」
と考えているでしょうから、その「より良いサイト」の定義については日々洗練され、
そのための検索エンジン側の順位付けの方法も、日々精度を増しているものだと思います。

良いサイトを上位に表示させられなければ、
競合検索エンジンにシェアを奪われ、生き残れないと考えられるからです。

そのようなことを前提にすると、

「小手先のテクニックごときで、上位表示なんてさせられない」

「仮に、一時期上位表示させられても、検索エンジンの精度が高まれば、
もはや上位には表示されなくなる日が来る」

という考えに至るのではないでしょうか。

では、そのような考えに基づくならば、
SEOって何でしょうか?最低限何をしなければならないのでしょうか?

以下、随時加筆していきます。

  • (公開日:

スポンサーリンク

このページの先頭へ