行政書士業務用の銀行口座

行政書士事務所用の銀行口座について、僕自身の活用方法をご説明します。

  1. 経費の支払いはネットバンクで
  2. 地元のお客さんからの入金は地方銀行
  3. 個人(ご高齢)のお客さんはゆうちょ銀行

1.経費の支払いはネットバンクで

僕は行政書士事務所開業時に初めてネットバンクの口座を開きましたが、ネットバンクを使うようになって、銀行に行くことが本当に少なくなりました。

僕たち個人事業主は、自分が動いた時間を時給換算してお金に変えていかなくてはなりません。そして、移動の時間は1円も生みません。

余談ですが、あちこち動き回っているとほどよく疲れて、何となく「仕事をした!」って感じになりますが、お金が生まれなければどうにもなりません。

銀行に行く手間はばかになりませんので、僕はネットバンクを日々活用し、銀行に出向く回数を極力減らしています。

話を戻しまして、僕が使っているネットバンクは【ジャパンネット銀行】です。

なんでここに決めたかといいますと「行政書士の屋号入り」で事業用の口座を作ることができるからです。

一般的な銀行口座ですと、個人事業主の場合は「氏名のみ」の口座名義となりますが、ジャパンネット銀行の場合は「田舎行政書士事務所 田舎 太郎」となります。規模が小さい個人事業主にとって、やはり見た目の印象は重要です。

2.地元のお客さんからの入金は地方銀行

地域密着スタイルで行政書士をやっていく場合は、地銀の口座がひとつあった方がいいと思います。

地元の企業のお客さんなどから報酬を振り込んでもらう場合、「ジャパンネット」でもいいよというケースはあまりありません。やはり地元の有力な地銀を指定されます。

ちなみに、地銀や信金などでもネットバンクサービスを利用できますが、即日の振込に対応していなかったり、利用時間に制限(平日の9時から5時など)があったりしますので、ジャパンネット銀行と併用した方が便利です。

3.個人(ご高齢)のお客さんはゆうちょ銀行

これは地域にもよるかもしれませんが、僕が事務所を開いている田舎の方では、個人の方からの報酬振込先として郵便局を希望されるケースがあります。

特に、わりと年配の方などがゆうちょを好んで利用される傾向にあると思われます。

そんなわけで、僕はゆうちょにも口座を持っています。ゆうちょ銀行も、ネットバンクサービスが無料で使えます。

ちなみに、ゆうちょで口座を作る際に「事務所名(屋号)」を口座名義に入れてもらうことができるかどうか尋ねたところ、「住所の欄」になら入れることができるということで、入れてもらいました。しかし、名義に入れてもらうわけではないので、口座名義は単に「田舎太郎」となります。

  • (公開日:

スポンサーリンク

このページの先頭へ