LLC(合同会社)設立手続き

スポンサーリンク

(2007年1月14日記)

初の合同会社設立の依頼を受け、早速お客さんの所へ打ち合わせに。

分からないことを質問されたらどうしよう・・・

相変わらず、ネガティブなことばかり考えながら、車を走らせました。

とりあえずは、何とか相談&打ち合わせをこなし、早速書類作成に入りました。

すると、やっぱり分からないことが出てくる。
で、法務局に電話しまくり。。。

行政書士にはなったけど役所なんて嫌いだ、なんて言ってられません。
変なプライドは捨ててしまいましょう。誰だって、初めてはあるのです。
いいんです。
お客様の前で恥をかかなければ。

結局、数箇所の法務局に電話しました。
というのも、新法施行直後でしたので、法務局の担当の方もよく分かっていないようで、本を見ながら答えているんです。しかも、担当者によって言うことが違うし。

そんなわけで何とか書類も作成し、登記は司法書士にお願いし、無事に会社設立完了となりました。

いくら本を何冊も読んで勉強していたとしても、終わるまではやっぱり不安です。

本当に自分にできるのだろうか、、、という不安がいつもよぎります。

でも、大丈夫です!!
分からないことは聞けば良いんです。
お客さんにさえ、ご迷惑をお掛けしなければ良いんです

とにかく「習うより慣れろ」、これは新人行政書士には特に言えると思います。

でも、慣れるためには、業務を「たくさん受注」しなければいけないんですけどね。。。
そこが一番大変なわけで。

(2014年2月4日追記)

何か、自分に言い聞かせてますね。

本当のことを言いますと、当時も今も、役所は苦手です。
でも、わからないことを悩んでいても仕方がないので、悩む前に受話器を握ります。

もちろん、事前に根拠となる法令はしっかりチェックし、通達なども読み込んだ上でです。

ある程度勉強して要領よく質問すれば、そんなに臆することはないと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ