会社設立の相談が来た

スポンサーリンク

(2006年12月2日記)

どうせ田舎だし、そんなに需要はないだろうな~。

結局未完成、と言うかコンテンツ不十分なまま、ほったらかしにしていました。

サイトアップから1ヶ月くらい過ぎたある日、事務所用の電話が鳴りました。

私「ありがとうございます。行政書士○○事務所です。」
相手「あのぉ。ホームページ見て電話したんですが。」
私「ありがとうございます。会社設立をご検討ということでしょうか?」
相手「はい。建設工事会社なんですが。よく分からないので色々教えてほしくて。」
私「それでは、初回は無料相談をしておりますので、いつお伺いしましょうか?」

と言った流れで、お客様とお会いすることとなりました。

始めは、こちらから伺うと言ったのですが、お客様がどうしても自分から行くと言い張り、結局来て頂く事となりました。自宅事務所ですから、これはなるべく避けたいのですが。

今は分かるのですが、自分から来ると言うお客様は、無料で情報を得たいと思われている方が多いように思われます。全てがそうというわけではないのですが、本当に依頼するつもりの方は「来て下さい」と言います。

無料ハンターを相手にすると、大変なことになります。ご注意下さい。

(2014年1月30日追記)

我々行政書士は、相談や書類として自分の知識を切り売りしています。自分の知識は商品そのものです。

また、使った時間を時給換算する癖をつけなくてはならないと思います。時間=自分の命そのものですので、決して無駄にはしたくないものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ