初の問い合わせ

スポンサーリンク

(2006年11月3日記)

行政書士登録してから3ヶ月、HPをアップしてから3週間ほどが経過したある日の午後、突然事務所の電話が鳴りました。

事務所といっても、自分の部屋ですが。。。

「もしもし。HPを見て相談したいんですが。」

やった。遂にきた。
でも、無料相談はメールのみなんだけど。。。

ええい。そんなことは言っていられない。
せっかく問い合わせが来たんだから!

相談者の話を聞くと、アダルトサイトでワンクリックしただけなのに、登録されてしまったとのことでした。

法律がどうなっているか、制度を説明して終わり。
行政書士として相談を受けるわけですので、法律相談ではなく、あくまで法律の制度の説明です。まあ無料相談ですが。

収入には結びつかなかったものの、相談が来たということで、まず第一歩だと喜んでしまいました。

今思うと、そんなことで喜んでいる場合ではないのです。
でも、やっぱりうれしかったです。

(2014年1月28日記)

民事法務分野を扱っていた開業当初ですが、業際問題に神経をすり減らしていました。

「行政書士はトラブル解決の専門家」ではなく、「トラブル予防の専門家」なのです。たとえば、口約束で済ませれば後々生じうるであろうトラブルを、書類をしっかり作ることで未然に防ぐ、これが本分なのだと思います。

トラブルが起こってからの処理は、もちろん、弁護士さんが専門家です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ